FC2ブログ

防犯灯をLED照明に

省エネや二酸化炭素削減が盛り上がる中で、LED照明の話題もよく出るようになった。
90年代に青色発光ダイオードが開発されてからLEDの白色光照明の実用化が本格的になったが、消費電力の低さと寿命が長いことが魅力だ。

よく出てくる話題としては家庭やオフィスへの導入の話が主だったりするが、防犯灯・街路灯の話題が出ていた。
防犯灯は住宅街や商店街によく光っている電柱などについている照明。
今まであまり気にしたことが無かったが、市町村が設置して町内会が電球交換や修繕用の補助金をもらって管理をしてきたそうだ。

この防犯灯・街路灯の電気料金は電力会社が「公衆街路灯」という料金カテゴリーを用意して、一般よりも割安な月額約108円66銭~376円35銭の定額制料金でやってきた。
ところがそのせいでLED照明に変えても電気料金が変わらないという事になって不満が出ていたそうだ。

だがここにきて電力会社がLED照明を使った防犯灯の優遇料金枠を検討し、11年度中に導入するらしい。
そうなると大量にある防犯灯をLED照明に切り替えると電気料金や管理費が大幅に変わってくる。

という事で自治体の中で防犯灯をLED照明に切り替える動きが出てきている。
横浜市は18万台ある防犯灯をすべてLED照明に切り替えることを発表し今年度末までに1万5000台を設置するそうだ。
年間で7億円になる電気料金がLED化で3億円になるそうで、切り替えのコストを考えても大きい。

全国には1000万本の防犯灯があるそうでこれがLED化すると大きなビジネスチャンスになる。


テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済


この記事に拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keizaizai

Author:keizaizai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
あわせて

  • SEOブログパーツ
track word
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる