FC2ブログ

三菱自動車の欧州工場撤退

三菱自動車が欧州の生産拠点から撤退を検討しているそうだ。
リーマンショック以後、アメリカのビッグ3やトヨタ・日産の話はよく聞く。
しかし三菱というと言っては悪いがあまり話を聞かない。
聞こえてくるのは経営上の問題ばかりだ。

現在オランダで生産子会社があるのだが、稼働率は5割で厳しい状態が続いている。
元々このオランダ工場はダイムラー・クライスラーとの資本提携の時期に子会社にし、ダイムラー車の生産委託を見込んでいたのだが06年にそのダイムラーからの委託も中止になってしまい、設備能力に比べて低い稼働率となっているらしい。
その後リーマンショックがあり、世界中の自動車産業と同じように打撃を受けたのだから苦しいだろう。

現在は三菱自動車とオランダ政府・オランダ工場の経営陣・労働組合と閉鎖回避策も模索しながらの交渉をしている。
オランダ政府にとっては唯一の乗用車工場だそうで、なんとか生産の継続をして欲しい所で、工場の他社への売却なども考えているようだが今のところは決まっていない。

そういえば三菱自動車はプジョーとの資本提携の話もあったが、プジョーも三菱も経営再建の途中でお互いに身をきれいにしてからでないとという事で見送りになった。
プジョー自身は乗り気だったらしいが、プジョー側の大株主の創業者一族が否定的だったらしい。

現在中期計画で成長市場への投資と新車種の開発に集中していくようだが、三菱グループ各社に発行した計4400優先株や巨額の7000億円以上の累積損失も抱えている。
まずは三菱自動車は財務問題を片付けないと前に進めたいようだ。


テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済


この記事に拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keizaizai

Author:keizaizai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
あわせて

  • SEOブログパーツ
track word
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる